プラヤド・マークセン Prayad Marksaeng

16歳で本格的にゴルフを始め、25歳でプロ転向。2001年日本ツアーに初参戦して以降、「ダンロップフェニックス」「ダンロップ・スリクソン福島オープン」等を制覇。16年国内シニアツアーでデビューを飾ると、同年から3年連続賞金王に。50歳を過ぎてもレギュラーツアーで勝利するなど、飛距離と技術はいまだ健在です。

    生年月日:1966.1.30
    出身地:タイ
    身長:163cm
    体重:68kg
    血液型:O型
    出身校:KHAO PHITAK高校
    ツアープレーヤー転向:1991年

トピックス

国内男子シニアツアー「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」(9月第1週)で、首位に1打差の2位で迎えた最終日に6バーディ・ノーボギーの「66」をマーク。逆転で、大会連覇と自身2試合連続となる優勝を飾りました。

スウィングムービー

男子プロスイングムービー2016/07の全リストは、DUNLOP CHANNEL (YouTube) 男子プロスイングムービー2016/07 をご覧ください。

使用ギア

使用ギア

ボール NEW スリクソン Z-STAR XV
ドライバー ゼクシオ テン(9.5°)
ユーティリティ スリクソン Z U85(#4~#6)/(#3)
アイアン スリクソン(#7~PW)
ウエッジ クリーブランド RTX 4(50°)/(54°、56°、60°)

※使用ギアの情報は2019年5月13日現在のものです。

戦績

優勝29回(日本シニア:13、日本:6、アジアン:10、その他:1)※

2018年 ファンケルクラシック
マルハンカップ 太平洋クラブシニア
日本シニアオープンゴルフ選手権競技
スターツシニアゴルフトーナメント
富邦仰徳シニア杯
2017年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ
日本シニアオープンゴルフ選手権
スターツシニアゴルフトーナメント
すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント
SMBCシンガポールオープン
2016年 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
日本シニアオープンゴルフ選手権競技
コマツオープン
マルハンカップ 太平洋クラブシニア
2015年 ダンロップ・スリクソン福島オープン
Queen's Cup
2014年 King's Cup Golf Hua Hin
2013年 Queen's Cup
タイ・オープン
2008年 ダンロップフェニックス
ミズノオープンよみうりクラシック
三菱ダイヤモンドカップ



※通算勝利数における本大会の優勝は、日本ツアーとしてのみカウント。ただし( )内は日本ツアー、アジアンツアーそれぞれの優勝としてカウント。