TENNIS PLAY&STAY/ショートテニス

TENNIS PLAY&STAY

誰でも!無理なく!楽しく!継続できる「TENNIS PLAY&STAY」プログラム

ITF(国際テニス連盟)が推奨している「TENNIS PLAY&STAY」は、小さな子供や初心者がラケットを持ったその日からテニスを楽しむことができる指導プログラムです。通常よりも速度の遅いボール、子供でも無理のない短いラケット、小さいコートを使用することで、誰でも簡単にラリーが続き、テニスを生涯スポーツとして楽しく継続することを目的にしています。

10歳以下の子供たちを対象に、3つのステージを用意。

10歳以下を対象にした「Tennis 10s」という指導プログラムでは、子供たちがテニスを楽しく継続できるように3つのステージが用意されています。ステージは子供たちの年齢や上達度に合わせて、「レッド」から「オレンジ」、そして「グリーン」へとステップアップ。各ステージでは、子供のレベルに合ったコートの広さ、ラケットの長さ、ボールの速度などが定められており、最終的には通常のコートの広さで、イエローボールを使い、ゲームを楽しめるように指導していきます。

ショートテニス

どこでも誰でも手軽に楽しめるショートテニス

ショートテニスは、楽しみながらテニスの基本が身につきます。
ジュニア育成のためにスウェーデンで誕生したショートテニスは、短いラケットとスポンジボールを使用します。軽くて柔らかいスポンジボールは、テニスボールに比べ、スピードが遅く、ラリーが続くため、子供たちや初心者の大人でも楽しみながら、テニスの醍醐味や基本を自然に憶えることができます。

テニスを知るへ戻る