ストリングの重要さを探る

インパクトでボールに接触するのはストリングだけ!

テニスプレーヤーの多くの方は、ラケットの大切さを知っていると思います。でもテニスラケットって、「ラケットフレーム」と「ストリング」の2つの要素が揃って、初めて役に立つ道具となることを忘れてはいませんか?

テニスは「打球=ボールを打つこと」で成り立ちますが、打球を現象的に見れば「インパクト」です。インパクトでボールが接触するのは「ストリング」です。この現象に限って見れば、フレームは登場しません。もしもフレームに当たったら、それはもうミスショットです。

カーボン製の道具を使うことでは「釣り=フィッシング」と共通しています。釣り竿は大切な道具ではありますが、魚が喰いつくのは「竿」ではなく、糸の先に付いた「釣り餌」であり、その陰に潜む「釣り針」です。釣り人が考えるのは、糸の種類や針の種類、餌には何を付けるか?オモリはどのくらいか?糸をどのくらいの深さまで落とすか?いわゆる「仕掛け」ということが、釣果を左右する重要な要素なのです。

テニスに置き換えれば、魚が喰いつく瞬間が「インパクト」であり、そのための仕掛けが「ストリングのセッティング」です。テニスにおいて、ストリングはまさに「打ち合いの最前線」であり、ストリングの重要性を理解するのとしないのとでは、大きな差となって結果に反映します。テニスという闘いにおいては、ストリングこそ、『最前線の武器』なのです。

インパクトでボールに接触するのはストリングだけ!

1000分の4秒での違いを感じる「人間の感覚」のスゴさ

普段、何気なく打球を繰り返すラリーの中で、「インパクトの時間」について注目したことはありますか?それは、まさに「瞬間」で過ぎ去ってしまいます。どのくらいの「瞬間」かというと、一般的に「1000分の3~4秒」と言われていますし、筆者が過去に体験した「インパクトにおけるスーパースロー検証」でも、そのとおりでした。

1000分の4秒というのがどのくらいの速さか考えたことがありますか?世界のジェット戦闘機の最高速度が、だいたいマッハ3弱です。これは時速約3600km/hであり、1メトルの距離を通り抜けるのにかかるのが1000分の1秒です。

このほんのわずかな一瞬に生じた現象について、「インパクトの時間が長く感じる」とか「球離れが速い」「一瞬包んでから弾き出す感覚がある」など、いろんなコメントを目にします。みんなが共通に感じるということは、「実際にそうなっている」……と考えるべきです。つまり我々人類には、そんな感覚が備わっており、ストリングの違い・テンションの違い・張り技術の違いを感じ取ることができ、その感覚が得た情報をもとに、打球時での調整をすることができるわけです。

スゴくありませんか!そんな人間の感覚にとって「ストリングはどれでも同じ」であるはずがありません。ストリングの開発は科学的に行なわれ、素材的・構造的なスペックが決められます。しかし、最終的な決定要素は「人間の使用感覚」です。

ストリングの違いは、プレーヤーの打球感覚だけでなく、「打球結果」という現実的な違いとなって表われます。どのタイプのストリングが、自分に適していて、どのスペックが自分のパフォーマンスを効率的に発揮させてくれるか?究極的に言えば、ストリングこそ、プレーヤーにとってもっとも大切なパートナーなのです。

インパクトにおけるスーパースロー検証
ストリングの開発

ストリングは「選んでから」がスタート

ラケットという一つの道具の中でも、それを構成する2つの要素「フレーム」と「ストリング」には、決定的な違いがあります。ともに工業製品ではありますが、フレームは購入されてから使用し終わるまで、基本的に手を加えられることはありません(カスタマイズは別と考える)。つまり、購入した時点ですべてが決まっているのです。

ところがストリングは、購入してから使用するまでの間に「張り=ストリンギング」という行程が必要となります。この張りという作業は「技術」です。技術には技術者の技量の差というものが介在します。

今日のストリンギングでは、高精度なマシンが使われますが、すべてを自動で行なってくれるわけではありません。フレームのセッティングの仕方、ストリングの留め方、結び方など、張りの精度についての技術的な違いがあります。

我々は張り替えを繰り返しながら、自分にとってどのストリングが適しているのかを探りつつ、どんなストリンガーをパートナーに選ぶべきかも考えていかなければなりません。ですから、ストリングは「選んでから」がスタートです。そこから、ベストへの追求が「始まる」のです。

張り=ストリンギング
松尾高司氏

松尾高司氏

おそらく世界で唯一のテニス道具専門のライター&プランナー。
「厚ラケ」「黄金スペック」の命名者でもある。
テニスアイテムを評価し記事などを書くとともに、商品開発やさまざまな企画に携わってきたプロフェッショナル。