アドバイザー

Lod Laver (AUS)

Lod Laver (AUS)

ロッド・レーバー(オーストラリア)

オーストラリア出身の伝説的な名プレーヤー。キャリア通算11度のグランドスラムタイトルを獲得。特に1962年と1969年には年間グランドスラムを達成し、2度もこの偉業を成し遂げた選手は他にはいない。ダンロップとの縁も深く、現役時代は木製の「マックスプライ」も使用した。

Nick Bollettieri (USA)

Nick Bollettieri (USA)

ニック・ボロテリー(アメリカ)

アメリカ出身のテニスコーチ。テニス史に残る名選手を次々と生み出し、自らも国際テニス殿堂入りを果たした名指導者。ダンロップがオフィシャル・パートナーシップを結んでいるIMGアカデミーの前身、ニック・ボロテリー・アカデミーの創設者でもある。

Michael Chang (USA)

Michael Chang (USA)

マイケル・チャン(アメリカ)

アメリカ出身の元テニスプレーヤーで、自己最高ランキングは世界2位。グランドスラムでは男子シングルにおける最年少優勝記録保持者(17歳3か月で全仏初制覇)でもある。ATPツアーではシングルス34勝。現在は日本人トップ選手のコーチも務めている。

Lod Laver (AUS)

Patrick Mouratoglou(FRA)

パトリック・ムラトグルー(フランス)

フランス出身のテニスコーチ。1999年からコーチを始め、2002年から現在まで、女子トップ選手の数々の偉業をサポート。2019年からダンロップとオフィシャル・パートナーシップを結ぶことになったムラトグルー・アカデミーの創設者でもある。

James Blake (USA)

James Blake (USA)

ジェームス・ブレーク(アメリカ)

アメリカ出身の元テニスプレーヤー。ATPツアーではシングルスで10勝を挙げ、デビスカップのアメリカ代表として2001年から出場。日本のファンも多く、2013年の全米を最後に惜しまれながら現役を引退。現在はダンロップのアドバイザリースタッフとしても活動している。

Shuzo Matsuoka (JPN)

Shuzo Matsuoka (JPN)

松岡修造

※テニスボール・アドバイザリースタッフ

日本を代表する元テニスプレーヤーで、自己最高ランキングは46位。現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、スポーツキャスターなど、幅広く活躍。ダンロップのテニスボールにおけるアドバイザリースタッフとしての役割も担っている。

Naoko Sawamatsu (JPN)

Naoko Sawamatsu (JPN)

沢松奈生子

日本を代表する元テニスプレーヤーで、自己最高ランキングは14位。WTAツアーではシングルス4勝を挙げ、日本女子テニスの黄金時代を築く。現在はダンロップのアドバイザリースタッフとしての活動をはじめ、テニスの普及活動、テニス中継の解説など、多方面で活躍をしている。

Dante Bottini (ARG)

Dante Bottini (ARG)

ダンテ・ボッティーニ(アルゼンチン)

アルゼンチン出身の元テニスプレーヤーで、1996年から2001年までプロとして活動。引退後、ニック・ボロテリー・アカデミー(現在のIMGアカデミー)でコーチ業をスタートさせ、その才能を開花させた。2010年以来、日本人トップ選手のコーチを務めている。